2011年1月10日月曜日

Galaxy Sをroot化&高速化(lagfix)する

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Galaxy Sは、通常状態でもサクサク動きますが、lagfix(プチフリ対策)することによって、更なる高速化が出来ます。

手順1 rootを取る
ここでは「SuperOneClick」を使った方法を紹介します。(※要Windows環境)

①「Android SDK」と「Samsung kies」をDLし、PCにインストールする。
②「SuperOneClick」をDLする。(※Xdaに登録が必要)
③Galaxy本体をUSBデバッグモード(設定→アプリケーション→開発)にし、USBケーブルでPCとつなぐ。
④「SuperOneClick」を起動し、「Root」ボタンを押す。

これでrootが取れます。

手順2 lagfixする
One Click Lag Fix」というAndroidアプリを使用します。


①Androidマーケットから「RyanZA’s OCLF 2.0」をダウンロードし起動する。
②「Install EXT2 Tools」を実行する。
③「Install EXT2 Tools」の実行が完了したら「OneClickLagFix V2+」を実行する。
④自動で再起動し、lagfixが完了です。

試しに「Quadrant Standard」でベンチマークを図ると、


通常状態より2倍以上の高速化が出来ています。

※root化すると、保証が受けられなくなる可能性があります。自己責任でお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿